依田敏男氏の「Re-DREAMプロジェクト」は仮想通貨の自動売買システムを利用した裁定取引か?

依田敏男氏の「Re-DREAMプロジェクト」は仮想通貨の自動売買システムを利用した裁定取引か?

販売業者:合同会社サイバージェット
代表責任者:依田敏男
所在地:〒284-0025 千葉県四街道市さちが丘1−1−14
電話番号:043-424-0862
お問い合わせ:re.dreamproject2018@gmail.com
販売価格:各商品ページを参照(内税表記)
お支払い方法 クレジットカード決済、銀行振込
商品代金以外に必要な費用 オンライン講義を受けるにあたり必要なインターネット通信費などはお客様でのご負担となります
返品・交換・キャンセル等に関する記述 サービスの性質上、返品はお受けしておりません
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません

yoda-1.png

依田敏男氏の「Re-DREAMプロジェクト」とは仮想通貨の自動売買システムを利用した「裁定取引(アービトラージ)」ではないでしょうか?

この手法は「仮想通貨アービトラージ(裁定取引)」といって、取引所間の価格差を利用して利ザヤを稼ぐ方法です。

アービトラージを簡単に説明すると、「トレード取引」ともいいます。
A取引所で100円で買った仮想通貨をB取引所で101円で売るという方法です。

仮想通貨を取引所間で売買できるのは仮想通貨特有の機能で、この方法は認定されている取引方法なので、取り引き自体は何の問題もありません。



想像すると、小野氏はまずみんなから投資資金を集めて、その資金をバネにして暴騰もしくは暴落「しそうな」あるいは「している」仮想通貨に投げ込もうというんじゃあないでしょうか?

仮想通貨にはICOとIPOと二つの取り引きルールがあります。

IPOは新規公開株でいう証券会社のような幹事が必要で、新規に株式を売り出す際に証券会社が幹事として株を売り出し、売り出しについては厳しい監査があります。

しかしICOは新規公開株でいう証券会社のような幹事が存在していません。

証券会社など特定の金融機関を利用する必要がないため、どんな人でもICOで仮想通貨の資金を調達することができるのです。

証券会社など特定の金融機関を利用する必要がないため、どんな人でもICOで仮想通貨の資金を調達することができます。

このところ世界各国ではこのICOの新規発行に対して規制を設けています。

yoda-2.png

したがってICOは極めて不安定で危険を伴う仮想通貨といえます。

依田敏男氏が対象とする仮想通貨は多分ICOだと思います。

ICOで裁定取引(アービトラージ)をやるんじゃあないんでしょうか?

yoda-3.png
yoda-4.png
yoda-5.png

仮想通貨は12月になって暴落しているようです。

12月22日には1ビットコイン200万円から140万円まで大暴落しましたね。

まださらに下がると予想されますね。2018年年初にはおそらく100万円を割るのではないでしょうか?

まあ、仮想通貨を始めるにしても、今のところは静観したほうがいいんでしょうねえ。

今年に入ってネットビジネス初心者や高齢者をターゲットにした悪徳ビジネス、詐欺的ビジネスが横行してます。

くれぐれも気を付けてくださいねェ。もし解らないことがあれば遠慮なくわたしに相談してください。

うっかりこんな話に乗るととんでもないことになりますからねー。

気を付けてくださいねェ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

uncle_musashiでした。


スポンサーサイト



プロフィール

uncle-musashi

管理人:uncle-musashi
初めまして、uncle_musashiです。

わたしもネットビジネス初心者のころ悪徳商材、詐欺的商材に騙されて散々な目に会いました。

悪徳情報、詐欺的情報に騙されないためにもネットビジネスの正しい情報をお伝えしていきますのでよろしくお願いします。

ネットビジネスや情報商材でわからないことや疑問があれば何でもご相談ください。

超お勧め商材!!
最新記事
恐ろしく顧客が集められる「速攻集客法」
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク